このページでは喪中はがきの印刷サービスで、【おしゃれ】で【スタイリッシュ】なデザインテンプレートを取りそろえる会社をピックアップしています。

 

下で各社で実際に選択できるおしゃれなデザイン例もピックアップしています。

 

いくらおしゃれな喪中はがきといっても、コストが高かったり納期が遅かったりするのは避けたいところですね。

 

ということで、おしゃれな喪中はがきのデザインを探すなら、まずは業界実績No.1テンプレート数もNo.1の「おたより本舗」のサイトをチェックしてみることをおすすめします。

(おたより本舗はハガキ印刷のネット通販分野で注文件数5年連続No.1)

 

早割サービスがお得です!

11/4午後1時まで最大45%off

 

 

おしゃれな喪中はがきがいい、とはいっても最終的には使い勝手とか印刷コストの安い高いの問題も出てくると思います。

 

他ページで、各社のコスト比較も行っているので、そちらも合わせてチェックしてみてくださいね(一番下にリンクあります)。

 

【目 次】

閉じる

喪中はがきで「おしゃれ」「スタイリッシュ」「個性的」なデザイン例

 

喪中はがき印刷で実績No.1、デザイン数No.1の「おたより本舗」の約400点の喪中はがきのデザイン・テンプレートの中から、独断ですがサイト管理人が「おしゃれ」「スタイリッシュ」「個性的」と感じるデザインをいくつかピックアップしてみました。

 

左右にスクロールしてみてくださいね。

 

【タテ型】喪中はがきで「おしゃれ」「スタイリッシュ」「個性的」なデザイン例

 

【ヨコ型】喪中はがきで「おしゃれ」「スタイリッシュ」「個性的」なデザイン例

 

 

喪中はがきや年賀状の印刷サービスは、繁忙期の注文の集中を避けるために、積極的に早期割引サービスを行っています。

 

安い時期を逃さないように、早めに発注することがおすすめです。

 

宛名印刷が無料!

11/4午後1時まで最大45%off

 

 

 

おしゃれな喪中はがきデザインについての注意点

  1. おしゃれなデザインの印刷料金は高め
  2. おしゃれに仕上がるか?は台紙の色合いも影響する

 

最初に2つ注意点です。

印刷費のことと、紙質のこと。

 

①おしゃれなデザインの印刷料金は高め

 

いいデザインが見つかったけど、値段が高い!となる場合もあるということです。

 

喪中はがきも年賀状でも印刷サービスにおいては、デザインによって料金が分けられているのが一般的です。

 

そして、【おしゃれ】で【スタイリッシュ】なデザインについては、印刷費としては費用が高めの傾向があることは理解しておいてください。

 

これはつまり、オリジナルで質の高いデザインを用意するには経費がかかる、という訳ですね。

 

逆に、料金の安めのデザインの場合は、各社共通デザインで出回っていることも多く、デザインかぶりの可能性が高い、ということです。

(喪中ならともかく、年賀状ならこれは避けたいところですね)

 

 

②おしゃれに仕上がるか?は台紙の色合いも影響する

 

おしゃれ」かどうか?というのは、見る人の主観によりますし、台紙となるはがきの色合い次第で、かなり印象も変わる、ということです。

 

下で解説しますが、台紙の選択肢として【郵便はがきしか選べない】ところもあります。

 

郵便はがきの紙質は、ややベージュがかった色合いですし、私製はがきや大礼紙はいわゆる純白な感じですね。

 

そして、厚めの大礼紙は台紙として料金が高めで、更に箔がついているデザインであれば料金は更に高めです。

 

以下で取り上げている印刷サービスは、どこも印刷品質的には問題ないと思います。しかしながら、紙質による“印象への影響”は大いに出がち、ということは理解しておいてください。

 

こういった要素がある中で、どういう選択をするかは、利用する人の都合で割り切るか、故人(故ペット)への想い次第ですね。

 

 

おしゃれでスタイリッシュな喪中はがきデザインの傾向について

  1. 背景やワンポイントイラストがおしゃれなタイプ
  2. 写真を入れることができる

 

喪中はがきなので、おしゃれ、とは言っても、派手派手なものがあるわけではありません。

 

各社のデザインは、大きく分けて2パターン。

 

ひとつは、①背景やワンポイントイラストが挿入されたもの、もうひとつは②写真を入れることができる、というものです。

 

①背景やワンポイントイラストがおしゃれなタイプ

 

喪中はがきで、おしゃれな感じのデザインは、ひとつは、おしゃれな印象の背景やワンポイントのイラストを盛り込んでいるもので、このタイプが大半を占めています。

 

ホワイトスペース(余白)も含めた“バランスの妙”だったりすることも多いです。

(文字数が多くなって余白が減った途端に、ダサくなったりもすることもあります)

 

おしゃれな背景やワンポイントイラストが入っているものが、更にカラーとモノクロとに別れます。

 

同じイラ氏とでモノクロ版とカラー版の両方がある場合が多く、おそらくカラー用に開発したデザインを、単にモノクロ(白黒)化した、ということだと思われます。

 

このケースでは、本来カラー用に作られたものが、白黒になってグラデーションがとても“いい味”を出していてスタイリッシュに見えるケースもあります。
(ここらへんは好き好きですね)

 

 

②写真を入れられるテンプレートもある(写真次第でおしゃれ化)

 

もうひとつは、「おたより本舗」のように写真入りのデザインテンプレートを用意しているところもあります

 

写真入りの喪中はがきであれば、故人の生前の時の肖像や、故人が好きだった絵画や風景の写真を盛り込んだりすることもできます。

 

また最近は、ペットが逝ってしまって喪に服す人も増えているようですので、その場合は写真入りの喪中はがきが使えそうですね。

 

では、以下でおしゃれなデザインを取り揃える印刷サービスを紹介していきますね。

 

 

【全6選】おしゃれな喪中はがきのデザインを取り揃える印刷サービスをピックアップ

印刷会社
(社名タップで詳細へ)
デザイン総数 料 金 特 長
おたより本舗 398 安⬇

喪中としてはめずらしく、写真入りデザインテンプレート(61点)が用意されている

他にも「故人の趣味」「明るめ」「ほっこり感謝」など量質ともに豊富

ネットスクウェア 130 ⬇激安⬇

モノクロのデザインが質量ともに充実、選択肢多し

カラーは「花のデザイン」がとても美しい

※台紙は郵便はがきのみ(私製はがき、大礼紙は選べない)

年賀家族 76 高⬆

“おしゃれ度”は群を抜く
料金高いが、おしゃれ系デザインは充実

そもそも年賀状のデザイン充実度が高く、喪中もプロの手によるデザイン性の高いテンプレートが用意されている

挨拶状ドットコム 160 高⬆

“元祖おしゃれなハガキデザイン”

「スタイリッシュ」(40点)、「はながすみ」(15点)が秀逸

写真系よりも、イラスト(背景画)のおしゃれタイプが多数選べる

Rakpo 316

デザイン自体はモノクロ、カラー、薄墨で同じものが多数

白黒タイプでおしゃれなものが多数(カラーをモノクロ化しているのでグラデーションがオシャレ)

Cardbox 298 やや安⬇

単なる縦横だけでなく、レイアウトで斬新なテンプレートを見かける

はっきりとした花をモチーフとしたデザインが多数

薄墨タイプが充実(102件)

 

上表では、おしゃれなデザインテンプレートを選べる6社をピックアップして、その特長を整理してみました。

 

“オシャレを極める”という意味では、結論的には「年賀家族」がおすすめです。

ただし、印刷料金「かなり」といっていいと思いますが、高いです。

 

他を選ぶとすれば、印刷費が安く、使い勝手もよい「ネットスクウェア」「おたより本舗」がオススメです。

 

 

では、以下で各社のおしゃれデザインについて紹介します。

 

おしゃれ①おたより本舗

 

 

 

 

おしゃれ②ネットスクウェア

 

 

 

 

おしゃれ③年賀家族

コスト抜きに考えるなら、おすすめは「年賀家族」↓です。

喪中はがき印刷サービス「年賀家族」の3つのデザイン例
https://nenga-kazoku.com/design/mochu/

 

 

 

 

 

おしゃれ④挨拶状ドットコム

 

 

 

 

おしゃれ⑤Rakpo(ラクポ)

 

 

 

おしゃれ⑥Cardbox

 

 

つづき

 


https://nenga-kazoku.com/design/mochu/

 

ネットスクウェア、Rakpo、挨拶状ドットコムのデザインもいいんですが、年賀家族はもともと高品質の台紙の利用も想定してデザインづくりや印刷を行っているので、たしかに価格は高くなりますが、ちょっとひとランク上の感じがします。

 

 

“喪中はがきらしくない”おしゃれでスタイリッシュなデザインを!

喪中はがきもおしゃれにスタイリッシュに出したい!あるいは受け取りたい、という人もいると思います。 これは儀礼的にも問題ないですし、むしろお世話になった人と明るくポジティブな感じで連絡をとりあうことは、亡くなってしまった故人にとってもすごく嬉しいというか、有難く思ってくれるかもしれません。 「それでいいんだよ」と。 下記にネット専業各社のおしゃれ度、スタイリッシュ度を独断と偏見で比較してみました。 イオンやセブン-イレブンなども悪くはないと思いますが、基本的に店頭サービスも含めているので、年配層がターゲットなのでオーソドックスなものが多い印象があります。 個人的には挨拶状ドットコムか、ラクポのデザインが気に入りました。

挨拶状ドットコムのデザイン例

http://nenga.aisatsujo.jp/item/detail?it=M18C006&cm=mochu&gr=m_color&tag=m_stylish&item_tag_sid=180086

ラクポ(Rakpo)のデザイン例

http://mochu.rakpo.com/item/161109 ラクポ(Rakpo)は、実はモノクロ(白黒)のデザインがけっこうおしゃれだったりします。 これは一例ですが・・・白黒ならではのインパクトというか。
http://mochu.rakpo.com/item/161007 でも激安のネットスクウェアもデザインも悪くないので捨てがたいです。

ネットスクウェアのデザイン例

https://nenga.print-netsquare.com/design/detail/code/M099/ ※下記データは一昨シーズンにカウントしたもの

サービス名 カラータイプ (件) 薄墨タイプ (件) おしゃれ感 (主観w) 価格メリット 備考
挨拶状ドットコム 80 15   「 花霞 (はながすみ) 」という優美で柔らかなオリジナルデザイン20種を含む
ネットスクウェア 48 24 印刷費が激安 デザイン選択肢、多数
ラクポ
(Rakpo)
92 132 カラーもいいけど 意外にモノクロがおしゃれ
平安堂 102 58     薄墨印刷は324円(税込)追加
しまうまプリント 6     宛名印刷が込み
グラムプリント
GLAM PRINT
12     専用用紙とはがきを貼り合わせた「合紙はがき」。高級感のある厚みと優しい手触り。
単価が高いので量産向けではない(と思う)。
ラクスル 7    
Cardbox 90 96   「特選デザイン」104種

※件数は2016年末シーズンのもの ※カラータイプと薄墨タイプの件数には、両方に属するものも含まれている場合があります。 ※おしゃれなデザインの場合は、私製はがきの場合が多いです。その場合は切手を貼らなければならないこと、また紙質がしっかりしているので家庭用のプリンターでは印刷が難しい場合もあります。 デザインにこだわるのなら宛名印刷もいっしょにお願いしてしまうのもいいかもしれませんね。

 

 

 

安くておしゃれな喪中はがき、いくらかかる?

 

どんなことでも、人間は予算というものがありますよね。

きっちりでなくても、予算感というか相場感というか。

 

いくらオシャレな喪中はがきでも、バカ高くてはちょっと選ぶのにためらってしまいますよね。

 

ということで、喪中はがき印刷の大体の相場感を確認するには、こちらのページも参照ください。

 

 

 

 

 

 

喪中はがき印刷注文の業者一覧をまとめているので参照ください。

喪中はがき印刷【ネット印刷】年賀欠礼の挨拶状の準備と注文方法のまとめ