喪中はがきの用意・準備と印刷サービスの比較など

 

ようこそ、当サイトへ!

このサイトでは、喪中はがきの用意や準備のやり方や印刷サービスの比較、あわせてしきたりやマナー等についての情報をまとめています。


 

 

 

「喪中はがき、出しそびれた!」
なら
寒中見舞の喪中文面が選べる!
平安堂・寒中320
http://nenga.heiando.net/mochu/


★店舗受取りが可能
★年内準備がおすすめです!

 

 

 

 

 

喪中はがきだから、派手に作る必要もないけれど・・・


 

 

タイミングを外したり、文面に誤りがあったりで、マナー違反や恥ずかしい思いはしたくないわね・・・
だから自作はちょっと怖いわ・・・。


 

 

ちょこっとでいいので、亡くなった人のことを思い出してもらえるような喪中はがきにしたいね。


 

 

最近の喪中はがきは、印刷サービス使えば、けっこうおしゃれなデザインも選べるようね。

喪中はがきって、本来は、マナー的にもそんなに厳しいものじゃないみたい。


 

 

だったら、自由に文面やデザインとかも選んでみたい気がするね。

でも料金が高かったりするのは嫌だな。

安い・速い・便利・丁寧は基本だよね!


 

 

 

喪中はがきについては、基本をしっかり押さえれば大丈夫!

では、喪中はがきについて、あれこれ紹介していきますね!


喪中はがきのことは、別名「年賀欠礼状」と言います。

日本では、年を越してから年末までの間に近親者が亡くなった場合、つまり“喪に服している”場合は、その最初のお正月においては「年賀欠礼」といって、自分からは年賀の挨拶を遠慮する、という習わしがあります。

年始の挨拶まわりも行わず、年賀状も出さずにおくことになります。

このことを「年賀欠礼」と言います。

ただし、喪に服していることを黙ったままでいると、毎年、年賀状を送ってくださる人は、いつもどおり「今年も元気でがんばりましょう!」などと明るく年賀状を送ってきてくれる。

でも、この人は後で、喪中の人に「おめでとー」などと明るく年賀状を送ってしまった!と気づいて、後々気まずくなりますね。

ですので、相手が年賀状を用意する前に「今年は喪中なんです、今年はこちらからは年賀状は送りませんよ、ごめんなさいね」と知らせるのが喪中はがきの役目です。

喪中はがきは、別名「年賀欠礼状」とも言うのはそのことです。


従って、一般的に世の中の人が年賀状の準備を行う時期(12月)に先駆けて、近親者が亡くなった旨のお知らせと合わせて、年賀の挨拶を遠慮する旨(年賀状も送らない)を知らせるのが社会的な常識の意味においても大事な行動と言えます。

このことを年賀欠礼といいます。

喪中はがきを送る意義

年賀欠礼についてしっかりと周知を行うことは、礼儀として、また社会的な習慣として必要なことと言えますが、それ以外にも重要な役割があります。

管理人も経験があるのですが、喪中のタイミングとどちらかの引っ越しのタイミングが重なったりすると、次の年に年賀状が届かなかったりする場合が出てきてしまい、遠方の友人などでは互いに音信不通になってしまうという問題も出てきてしまいます。

従って、喪中はがきを出さなければならない年ほど、タイミングなどについて丁寧に留意し、しっかりと記憶に残るようにお知らせすることが肝要かと思います。

喪中ハガキの用意・準備と印刷サービスの選び方

喪中はがきの用意・準備としては、まずどこまでの間柄の人に出すかを決めましょう。

 

喪中はがきで知らせる対象となるのは、どこまでの続柄か?

 

そして、喪中はがき内でどんなメッセージを伝えるのか、を決めましょう。
親しい間柄の人に堅苦しいハガキを送るのは止めておきたいでしょうし、普段会うこともない人なら、ある程度、一般的な作りの文面でもよいでしょう。

 

いきなりコストの話で恐縮ですが、喪中はがきを送る枚数と「何を伝えるか?」が決まれば、喪中はがきの作成方法も違ってきます。
たとえば200枚を全部手書きするのはかなり時間が必要なので、印刷サービスを使ったほうが得策でしょう。

 

喪中はがきの注文のやり方

喪中はがきの印刷の注文はどこで頼めばいいかわからない人も多いと思います。いまは郵便局でもコンビニやスーパーの店頭で印刷申し込みをすることができますが、少し割高でかつ納期も時間がかかります。でもネット専業で実績がある通販型の印刷サービスを使えば、簡単ですし、コストも大幅に削減できます。...

 

 

喪中はがきの印刷に関しては、自分で手書きしたり、自宅のパソコンと家庭用プリンターで作る手があります。

 

ただし、喪中はがきは、情報提供やコミュニケーションは必要最小限にとどめて、年賀欠礼を行うことのお詫びを中心にメッセージするように心がけるべきなので、その意味ではむしろ印刷サービスの“よく見かける定番”的なスタイルで送ったほうがいいのかもしれません。

 

ここは人それぞれな面もありますので、一概には言えませんが、相手先が毎日、“喪”とは程遠い世界で元気に過ごしているのであれば、こちら側が喪中であることは、ひっそりと知らせたほうが良いのかもしれません。

 

その意味で、あまり費用は掛ける必要はありませんが、慣れたところで印刷業者さんにお願いしてしまうという考え方もありますね。

 

このサイトでは、郵便局も含めて、以下ページで印刷サービス各社を紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

喪中はがきの印刷注文で、おすすめは?

喪中はがきの印刷の注文で、おすすめの印刷会社はどこでしょうか。近くのコンビニでも発注できますし、もちろん街の印刷会社でもOKです。近頃はインターネットを使った申し込みも行われるようになりました。おすすめは、このネット印刷!デザイン選べて安くて早いです!

 

 

喪中の人に年賀状を送るのは失礼にあたるか?

ただし、意外に思いますが、本来のマナーとしては、喪中の人の家に年賀状を送るのは失礼ではないそうです。

年賀欠礼の本質的な意義としては、「喪中につき新しい年が始まったことへの挨拶ができなくて、申し訳ない」ということだそうです。

ただし、年賀状を送る立場として、やはりご不幸があった知人やご家庭に向けて、“おめでたい”的な挨拶をすることは、やはり気が引けますよね。

そんなこともあり、喪中の家には年賀状を送るのは避けて、年が改まって松の内(元日から7日、また15日)が明けてから、寒中見舞いとして一言添えてハガキなどを送るスタイルが確立しつつあります。

またこれは管理人の勝手な我流ですが、喪中はがきをいただいた親しい人には、年賀ハガキは使わず、普通の官製はがきを使って元日に届くように近況報告など行うようにしています。

年賀欠礼や喪に服すといった礼儀も大切ですが、年賀状ぐらいしか交流できないような友人に対しては、年賀状の交換は大切な近況報告の機会ですからね。

喪中はがきのFAQ

 

以下で喪中はがきのFAQをまとめてみました。

 

喪中はがきはいつまでに出すべきか?

相手方が年賀状を用意する時期より前に届くようにしましょう!

喪中はがきは、早々に出したほうがいいのか?

まあ季節感というものもありますよね。あまり早いと、相手に忘れられる可能性もありますね。今年の年賀状の発売が話題になる頃に到着するのがよいでしょう。

 

 

喪中はがきは、いつ頃から販売されるか?

喪中はがきのセミオーダーの印刷通販は、早いところでは8月末より始まっています。
郵便局店頭では、切手が弔事用デザインの官製はがきは通年で販売していて、それが喪中用として使えます。
また、郵便局では10月末頃(昨年)に印刷済みの5枚一組のパック商品が販売になります。
ただし、おすすめは早くて安くて簡単で、故人の氏名や享年も盛り込めるネット印刷の通販です。

 

 

郵便局で喪中はがきは販売されているか?

喪中はがきは、年賀はがきのようにまとまった枚数を束で販売するようなことはありません。
10月末頃に文面が印刷済みの5枚一組のセット商品が販売されます。またマナー的には官製はがきでも問題はなく、官製はがきであれば郵便局でいつでも購入可能です。
大量に必要な場合には、ネット通販のはがき印刷専門サービスで、文面もカスタマイズして作成することをおすすめします。

 

 

喪中はがきを出さなければならないのは、どの間柄の人までか?

一般的な考え方としては、自分から見て基本的には2親等までを対象とすべきと言われているようです。ただし、あまり限定的に考える必要はなく、遠縁でも近くに住んでいれば交流も密な間柄の人もいることもあるでしょう。また最近ではペットが亡くなったときで喪に服して喪中はがきを出す人も増えているようなので、自分の気持をベースに考えればよいでしょう。

 

 

安くておすすめの喪中はがきの印刷サービスはあるか?

年賀状のようにデザインに凝る必要のない喪中はがきなら、民間のネット通販専門のはがき印刷サービスが、安くて早くて簡単です。
郵便局にもネット通販できる印刷サービスはありますが、料金的には高めです。

 

 

セブンイレブンやコンビニで喪中はがきを販売しているか?

セブンイレブンやコンビニ全般にいえることですが、文面印刷済みの喪中はがきはほとんど店頭で見かけることはなく、無地の官製はがきは販売されていても、弔事用の切手デザインのはがきは取り扱っていないところがほとんどです。弔事用デザインの切手も同様です。
ただし、例年、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどでは店頭とネットで年賀状や喪中はがきの印刷サービスの受付を行っています。

 

 

イオンで喪中はがきの印刷サービスを取り扱っているか?

イオンでも例年喪中はがきの印刷サービスを取り扱っていて、店頭・ネット、どちらからでも申し込みができます。
かなり安い料金で申し込みできますが、ただし、だんだんと早期割引キャンペーンの値引率が小さくなるので、早い時期の申し込みがお得です。

 

 

 

お急ぎなら、ここ!
お昼の12時までの発注で当日出荷!
宛名印刷から投函代行まで!


https://mochu.jp/

 


TOP おすすめの喪中はがき印刷サービス 急ぎ!納期が早い! 喪中はがき印刷、最安はここ! 宛名印刷が安い!