ここでは喪中はがき印刷のネット通販サービスの料金(挨拶文の面だけ)を比較しています。

 

喪中のみなさんは、今年はいろいろと大変だったと思います。

 

一連の法事の行事がひと区切りするのは喪中はがきの作成と発送までですね。

もうひと息なので、なんとか乗り切りましょう。

 

喪中はがきの準備の方法は?

というと、おすすめは下で解説しているネット通販のハガキ印刷サービスです。

 

安くて簡単で、質的にも安心、とにかく手離れがいいのがうれしいです。

 

目 次

 


おすすめの印刷サービスは圧倒的に安くて、とにかく申し込みまでの操作が簡単

ネットスクウェア

です。

ネットスクウェアへの顧客の声(40代女性)

※ネットスクウェアの顧客満足度調査より

 

このサイトではネットスクウェアは毎年おすすめしてます。

なぜなら、50代60代の女性も「簡単!」というぐらいwebサイトがスマホでも操作しやすいからです。

 

ネットスクウェアの詳細はこちら。

10/22まで62%off

(当サイト経由の申し込み数累計は、ざっと4,500件)

 


 

すでに2019年末(2020年お正月年賀欠礼)向けの喪中はがきの印刷注文の受け付けが本格化しています。

 

各社とも早期割引が【非常にお得】になっています。

ただし、すでに最初の早得な時期が終了している印刷サービスもあります。

 

いずれ喪中はがきを用意するのであれば、早めの用意をおすすめします。

 

ここでは随時情報を更新していきます。

ブックマークやSNSでシェアして、時々訪れてみてください。

 

以下、まだ情報が出てきていないところもありますが、参考になれば幸いです。

 

【最安値の結論】喪中はがきの印刷費、2019年度の最安はここ。現時点の早割価格をグラフ化で比較しました。

 

喪中はがきの印刷費を比較したグラフ(2019年10月07日現在、挨拶文面のみ、対象は郵便局、イオン、イトーヨーカドー、おたより本舗、ネットスクウェア)

※2019年10月7日現在のもの

※わかりやすいように5社にしぼってグラフ化しています

※最安値のデザインの【裏面のみ】の料金で比較(税込)

 

このグラフは現時点での喪中はがきの挨拶文面(裏面)のみの印刷の料金比較結果です。

 

ごらんのように、ネットスクウェアという印刷サービスがこの11社の中では圧倒的に安い、ということが一目瞭然だと思います。

10/22まで62%off

 

 

ただし、儀礼のことなので、安いだけではNG、品質もあり申し込みも簡単でないとNGですね。

 

ということで、サイト管理人が実際に使ってみて、おすすめできる2社をピックアップしてみました。

 

安いだけじゃない【ネットスクウェア】と【おたより本舗】の実力をチェック!

 

例年、郵便局やセブンイレブンなどを含めた11社ほどで比較しています。

 

グラフをご覧のとおり、印刷料が安くて品質も良いサービスは、印刷専業のネット通販

 

「ネットスクウェア」

おたより本舗」

 

の2社です。

 

印刷費の安さなら【ネットスクウェア】がおすすめです。

 

また、【おたより本舗】デザインの豊富さ、支払い方法の選択肢の多さなどメリットも多いです。

 

以下、表で両社のスペックを整理してみました。

 

ネットスクウェア

おたより本舗

印刷料金 挨拶文面の印刷が
圧倒的に安い

挨拶文面の印刷費が安い

+宛名印刷が無料

宛名印刷 @10円/枚
※挨拶文面の印刷費が非常に安いので@10円/枚でも総額は安い
無料
決済方法
  • クレジットカード
  • 代金引換(現金のみ)
  • クレジットカード
  • 代引き(現金、クレジットカード、デビットカードも利用可
  • コンビニで後払い(手数料税別300円)
  • LINE Pay
  • キャリア決済(docomo,au,softbank)
  • Amazonアカウント
  • 銀行で後払い(法人会員)
出荷日 翌々営業日出荷 12時までの発注で
翌営業日出荷
デザイン数 124件 388件
(写真入りタイプもあり)
用紙 官製はがきのみ 官製はがき or 私製はがき(ケント or 大礼紙)
運営会社 ネットスクウェア株式会社 株式会社アーツ
本社所在地

東京都中央区新川1-14-5

TEL.03-6262-8526

大阪府吹田市垂水町3-7-18
 TEL. 0120-29-7706
ワンポイント

印刷機は最新鋭に一新、処理能力も品質も最高クラス

4年連続受注件数No.1
会社URL https://nenga.print-netsquare.com/mochu/ https://mochu.jp/
管理人のレビュー

ネットスクウェア
使ったよ!

おたより本舗
使ったよ!

 

サイト管理人の私はどちらも使った経験があります。

どちらも、サービス面や印刷品質で特に問題は感じませんでしたので、決済方法などそれぞれの都合に合わせて選んでみてください。

 

 

喪中ハガキ印刷、実際のところ最安のデザインでトータルでいくらかかるか?

 

あいさつ文(裏)のみ ネットスクウェア おたより本舗
モノクロ最安デザイン
50枚の場合
4,702円 5,262円
カラー最安デザイン
50枚の場合
5,285円 6,780円

 

宛名印刷ふくむ(表裏) ネットスクウェア おたより本舗
モノクロ最安デザイン
50枚の場合
5,202円
(宛名印刷@10円☓50枚を含む)
5,262円
(宛名印刷は無料)
カラー最安デザイン
50枚の場合
5,785円
(宛名印刷@10円☓50枚を含む)
6,780円
(宛名印刷は無料)

※税込(10%)
※10/3時点の早割料金を適用
※両社とも送料は無料

※郵便はがき代@63円☓50枚=3,150円を含む(消費増税後の価格)

 

ネットスクウェア、おたより本舗の両社の最安のデザインでいくらかかるか?

ということで、実際に郵便はがき代も考慮して、50枚の場合の見積もりを算出してみました。

 

安さを求めるなら、あいさつ文(裏面)のみの場合だけでなく、宛名印刷を含める場合も「ネットスクウェア」がおすすめです。

ただし、「おたより本舗」は支払い方法が選べたり、デザインが豊富で写真入りタイプも選べたりしますので、そこは都合で選ぶと良いでしょう。

 

ここで使っているデザインテンプレートと計算の詳細は下でチェックしてみてください。

モノクロの場合の最安カラーの場合の最安のそれぞれで算出しています)

 

 


 

印刷料金については早期割引の値引き率によって全然違ってきます。

 

このページでは、各社の値引き率が変わるタイミングに合わせて随時レポートしますので、よかったらこのページをブックマークして時々確認してみてください

 

上のグラフのベースになっている具体的な数値は下の表で確認ください。

 

安値発見!喪中はがきの印刷費(挨拶文面のみ)を枚数ごとに安い順高い順で並び替えがでる11社比較表を作りました!

 

【速報!】

10/7からネットスクウェアの早期割引の割引率が小さくなってしまいました

その結果、10枚印刷なら「おたより本舗」が最安となっています。

 

11社比較表の使い方】

印刷したい枚数の▲▼をタップすると、印刷料金の安い順高い順(昇順降順)で並べ替えて比較できます。

※2019年10月7日時点

※税込

 

サービス名早割期間割引率10枚30枚50枚100枚150枚200枚
ネットスクウェア

【ネットスクウェア】

挨拶文印刷のみなら、例年、ここがダントツ最安、スマホからの申し込みが簡単!

https://nenga.print-netsquare.com/mochu/

~10/1463%off1,390円1,461円1,595円2,151円2,796円3,329円
おたより本舗

【おたより本舗】

9/30お昼までで40%off、デザイン豊富で宛名印刷から投函代行まで、納期がとても早いです


おたより本舗

~10/15
お昼まで
40%off1,372円1,742円2,112円2,851円3,405円3,960円
郵便局

【郵便局】

11/5までネット限定割引20%off


郵便局、はがき印刷サービス

~11/520%off1,743円2,355円2,872円4,049円5,075円6,091円
イトーヨーカドー

【イトーヨーカドー】

11/8までネット限定割引40%off


イトーヨーカドー、喪中・寒中プリントサービス

~11/840%off1,558円1,710円2,077円2,994円3,604円4,215円
イオン

【イオン】

11/5まで50%off、イオンは店舗受付もやってますが、11/5までなら総額は他と比較してもかなり安いです!


イオンの年賀状喪中はがき印刷サービス

~11/550%off1,474円1,782円2,090円2,860円3,575円4,290円
Rakpoラクポ

【Rakpo】

Rakpo(ラクポ)は9/30まで55%off、喪中ではありますが、おしゃれでスタイリッシュなデザインが選べます


Rakpo

~10/3150%off1,650円2,050円2,450円3,180円3,830円4,480円
挨拶状ドットコム

【挨拶状ドットコム】

10/27まで40%off、デザイン豊富で宛名印刷から投函代行まで


挨拶状ドットコム

~10/2740%off2,290円3,108円3,861円5,082円6,303円7,524円
平安堂

【平安堂】

例年ネット利用は一律40%off、イオンモール内などの店頭受取も可


平安堂

ネット経由は
一律割引
40%off2,286円
※12枚
3,070
※28枚
3,324円
※48枚
4,210円4,929円
※148枚
5,519円
※196枚
セブンイレブン

【セブンイレブン】


デザインパターンが21と大変少なく、モノクロタイプが無い


セブンイレブン年賀状喪中はがき印刷サービス

~11/540%off1,563円1,716円2,084円3,048円3,616円4,224円
ファミリーマート

【ファミリーマート】

11/8までネット限定割引30%off


ファミリーマート、喪中・寒中プリントサービス

~/00%off
ローソン
~/%off

 

この表は、あくまで挨拶文(裏面)のみ印刷費の比較となります。

 

喪中はがきを送付するまでには、これ以外に

  • 切手代(はがき代)
  • 宛名印刷代(必要があれば)
  • 送料(お店によっては)

などが必要となります。

 

また逆に、送料が無料になったり差出人の名前だけ差し替える「複数割引」などによってもっと安くなるような場合もあります。

 

並べ替えてあれこれと比較してみてください。

 

宛名印刷も含めた料金比較】はこちら!

 

 

印刷料金を極力抑えたい!なら、2019年度もおすすめは最安のネットスクエアです!

 

喪中はがき・年賀はがき印刷サービスのネットスクウェアの顧客満足度調査結果のふたつの円グラフ

 

 

高品質であるにも関わらず格安なネットスクウェアは、2019年度もおすすめです。

(9月2日に注文受付がスタートしました)

 

上のグラフはネットスクウェアが行っている顧客満足度調査の結果ですが、ご覧の通りで価格の安さが評価されているのと、顧客満足度も98.5%と高くなっています。

 

喪中はがきは儀礼のために送るものなので、安ければいい、というものではなく、まずは失礼やマナー違反があってはいけませんね。

 

喪中の年賀欠礼を詫びる挨拶状作成を、確実に不安なく仕上げるのであれば、自分だけで動くよりも儀礼やしきたりを理解しているネットスクウェアおたより本舗といった専門業者を使ったほうが安心できて安さもあります。

 

ネットスクウェアの詳細はこちら!

10/22まで62%off

 

 

わたくし管理人も本年9月にネットスクウェアさんで喪中はがきを作ってみました!

2019年9月にネットスクウェアで喪中はがき印刷を発注した際の納品書の一部

ネットスクェアの評判は?実際に喪中はがきを作ってみた!

 

喪中はがき印刷、主要各社の早割料金・サービス内容の概要をピックアップしました

 

以下では、はがき印刷サービス各社の印刷料金(挨拶文面のみ)やサービス内容についてまとめています。

※料金など実勢の数値は2019年10月7日時点の情報です。(随時更新)

比較対象は各社の最安デザインです。結果的には、モノクロ(白黒)デザインの印刷費の比較となります。

※実際の注文の際には公式サイトで正しい料金を確認下さい。

※各社の料金は挨拶文面(裏面)のみの印刷費です。

 

宛名印刷も含めた料金比較については別ページを参照ください。
→「宛名印刷も含めた最安料金は?

 

当然、料金に加えて別途、郵券代(切手代、あるいは切手付きはがき代)、送料等が必要となるので注意ください。

 

 

ネットスクウェアは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

ネットスクウェアの2019年度、喪中はがき印刷サービスのwebページのサムネイル

 

喪中はがきの挨拶文面(はがき裏面)の印刷では、早い時期なら例年ネットスクウェアの価格が圧倒的に安いです!

 

いわゆる普通の定番の【白黒】喪中はがきなら、ここがおすすめです。

喪中の既定のフレーズにも選択肢があり、自由文をひと言添えることも可能です。

(当サイト管理人も使いました。→詳細「ネットスクウェアで喪中はがき印刷」)

 

ネットスクウェアの喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全124件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 3,689円 4,231円 5,707円 7,418円 8,835円
早割期間 ~9/29 65%off          
~10/6 64%off          
~10/14 63%off 1,390円 1,595円 2,151円 2,796円 3,329円

※料金は最安の「白黒」の印刷費

※税込10%

※10/15以降の金額は公式サイトで確認下さい

※複数割引額は200円/件で上限5件

※送料無料(~160枚:ヤマト運輸「ネコポス」、161枚~佐川急便「飛脚宅配便」)

※自由文章の入力は無料

※印刷紙は郵便はがき(官製はがき)のみ

※宛名印刷は@10円枚

※発送は申込後、翌々営業日

 

ネットスクウェアにもデメリットはある。

安くて使いやすいネットスクウェアにもデメリットはあります。

別のページで整理していますのでチェックするようにしてください。

 

 

 

ネットスクウェアの喪中はがきのデザインは全124パターン!

ネットスクウェアのデザインカテゴリーは、以下のようになっています。

はがき印刷サービス「ネットスクウェア」の喪中はがきのデザインカテゴリーの選択肢(白黒、フルカラー、薄墨風、モダン、花、故人の趣味、白黒定番、カラー定番、横書き)を案内している部位の切り取り画像

 

ネットスクウェアのデザインのカテゴリーは

  • モダン
  • 花のデザイン
  • 故人の趣味のデザイン
  • 白黒定番
  • カラー定番
  • 横書きデザイン

の6つです。

 

一番安いのは薄墨を除いた「白黒」タイプすべてです。

 

10/22まで62%off

 

ネットスクウェアの喪中はがき・おすすめのデザイン・テンプレート

M002「白黒」

M090「フルカラー」

M067「フルカラー」

M042「故人の趣味(競馬)」

 

 

「故人の趣味」で競馬をデザインしたものなどがあります。

故人が偲ばれるのでこのシリーズは個人的におすすめです。

 

 

今年、令和元年9月にネットスクウェアで喪中はがきを発注してみました

令和元年9月に喪中はがきの印刷サービスを利用して、納品されてきた喪中はがきの裏と表を並べた画像

 

わたくしサイト管理人は、今年の令和元年9月に喪中はがきを発注しました。

それがすでに納品されてきています。

 

レポートしていますので、詳しくは、こちらのページも参照ください。

→ ネットスクウェアで喪中はがきを発注する場合の実際

 

 

 

 

 

 

 

おたより本舗は安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

おたより本舗の2019喪中はがき専用サイトのサムネイル

 

おたより本舗の魅力は実績と安心感。

ネット通販のハガキ印刷の分野では実績No.1の安定感です。

 

料金でいうと、宛名印刷が無料で対応してもらえます。

挨拶文面の印刷はネットスクウェアのほうが安いですが、おたより本舗は宛名印刷の枚数が多ければ結果的に非常に安い選択となります。

 

また、おたより本舗は決済方法がとても豊富です。

クレカ決済や代引きはもちろん、ドコモなどのキャリア決済やAmazonアカウントで払えたり、コンビニ後払いやLINE Payも使えます。

 

10/28まで最大50%off

 

おたより本舗の喪中はがき印刷サービスの早割料金

※挨拶文面(裏面)のみ

デザイン数:全388件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,288円 3,520円 4,752円 5,676円 6,600円
早割期間 ~10/15 40%off 1,372円 2,112円 2,851円 3,405円 3,960円

※料金は最安の「モノクロ」の印刷費
※税込10%

※送料無料
※10/15以降の金額は公式サイトで確認下さい

※宛名印刷は無料(挨拶文面の印刷料に含まれる)
※同時注文割引は10%off

※追加注文は20%off

※会員登録すると次年度以降割引率アップ(最大20%off)
※切手貼り代行:@15円/枚(税別)

※投函代行は無料
※自由文章の入力は無料
※印刷紙は郵便はがき(官製はがき)に加えて、私製はがきも選べる(ケント紙or大礼紙)

※発送は営業日12時までの発注で翌営業日

※はがき持ち込みが可能(胡蝶蘭のもの限定、印刷自体は別)

 

 

おたより本舗のデザインは388と非常に豊富!

おたより本舗の喪中はがき印刷のデザインカテゴリーの一覧

 

おたより本舗の喪中はがき印刷のカテゴリーは

  • スタンダード

  • 故人の趣味

  • 故人の思い出写真

  • モノクロ

  • 明るめ

  • ほっこり感謝

  • 薄墨(文字グレー)

の7つです。

 

一番安いのは「モノクロ」です。

 

ちなみに、おたより本舗は年賀状のデザインを中心に、下記のツイートにあるように外部のデザイナーさんを積極的に活用しオリジナルのデザインを確保しつつ、版権に大きな費用がかかるアニメキャラなどは用意せずに料金が安く抑えられているわけですね。

 

 

 

ラクポ(Rakpo)は安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

 

Rakpo(ラクポ、ビットブレーン)の喪中はがき印刷サイトのサムネイル

 

Rakpoの印刷料金は安い方であり、宛名印刷を含めての総額も安めです。

Rakpoの特徴としては、喪中はがきであっても、かなりおしゃれめで個性的なデザインが盛り込まれていることが挙げられます。

 

Rakpoも含めたおしゃれな喪中はがきについては、このページも参照ください。

 

 

ラクポ(Rakpo)の喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全165件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 3,300円 4,900円 6,360円 7,660円 8,960円
早割期間 ~9/30 55%off          
~10/31 50%off 1,650円 2,450円 3,180円 3,830円 4,480円

 

※料金はメニュー中、最安の「モノクロ」デザインの印刷料金

※税込8%

※11/1以降の料金は公式サイトでご確認ください

※送料:全国無料

※翌営業日に出荷

※宛名印刷は@27円(税込)(基本料なし)
保証付き:印刷作業にミスがあれば刷り直し、もしくは返金

 


https://mochu.rakpo.com/

 

Rakpoの運営会社概要

運営会社 株式会社ビットブレーン
本社所在地 大阪府 大阪市中央区 島之内1-22-22
TEL : 06-4400-5250
会社URL http://bitbrain.jp/

 

 

郵便局は安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

郵便局の2019年度喪中はがき印刷サービスのパンフレットの写真

 

郵便局でも喪中はがきの印刷サービスは行われています。

 

けれども、残念ながら早期割引を適用したとしても、料金的には決して安くない状態です。なので正直申し上げて、個人的にはあまりおすすめはしません。

 

ただ、郵便局という社名のブランドの信頼感安心感は絶大ですので、利用検討してみるのもひとつの選択かと思います。

 

郵便局の喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全54件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,450円 3,870円 5,340円 6,620円 7,890円
早割期間 ~11/5 20%off 1,743円 2,872円 4,049円 5,075円 6,091円

※料金は最安の「シンプル」デザインのもの。214円の会員登録クーポンを控除済みの数値

※11/6以降の料金は公式サイトで確認ください

※早期割引20%にはweb割引5%が含まれる。
※送料・税込10%

※複数割引は214円/件(税込)

※宛名印刷料金:基本料金1,100円/件+ 1枚31円(税込)

(宛名印刷は局店頭で申し込むと倍以上の費用がかかります)

※投稿代行は無料で可能
※出荷は翌々営業日

 

郵便局ではあいさつ文が印刷済みの喪中はがきを販売しています。

その他、郵便局の喪中はがきに関わる情報も集めています。

下記ページも参照ください。

 

郵便局の印刷サービスの運営会社概要

運営会社 日本郵便株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町二丁目3番1号
TEL : 0120-811-304
会社URL https://print.shop.post.japanpost.jp/mochu/

 

 

イオンは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

イオンの年賀状・喪中はがき印刷(2019年度)のサイトのサムネイル

 

2019年末、2020年年賀欠礼向け、受付始まってます。

イオンは例年、最初の早割期間(11/5まで)の間がかなり安くなっています。
はがき専業サービスにも負けず劣らず、宛名印刷も無料です。
なのでイオンで発注したいなら、早めの申し込みがおすすめです!

 

イオンの喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全130件
(+寒中見舞い19件)

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,948円 4,180円 5,720円 7,150円 8,580円
早割期間 ~11/5 50%off 1,474円 2,090円 2,860円 3,575円 4,290円

イオンの喪中はがき印刷サービス

※上記は最安の「落ち着いた色合いの喪中はがき」シリーズ
※税込
※複数割引は無し

※納期:店頭受取で最短4日後
※送料:店頭受取りなら無料、宅配なら5,000円(税抜)
※宛名印刷料金: ネットは無料(上表料金に含まれる、12/17まで)
※スピード印刷対応:+550円(税込)

※フリー文章は1,000円(税別)で対応可能
※他の割引との併用はできない(ex.「お客様感謝デー5%off」「バースデーパスポート」)

※店頭申込と条件が異なるので要チェック

 

イオンの印刷料金は安いのか?

イオンの印刷料金は最初の早割期間では、ネットスクウェアほどではないですが、かなり安い価格設定であるといえます。店舗受付もするリアル系サービスとしてはかなり安い方です。

 

この最初の早割が終わってしまうとちょっと割安感が薄くなるので、イオンで注文するなら、どうぞお早めに。

 

またイオンは今シーズンは、なんと宛名印刷が無料となっています(ネット経由のみ)。

 

イオンの印刷サービスの運営会社概要

運営会社 イオンリテール株式会社 他
(委託先:総合商研株式会社)
本社所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
TEL : 0120-929-614
会社URL https://www.aeon-nenga.jp/ec/

 

 

イトーヨーカドーは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

 

イトーヨーカドーの2019年度喪中はがき印刷サービスのサイトのサムネイル

 

イトーヨーカドーの喪中はがき印刷サービスで用意されているデザインは39パターンで多くはありませんが、50枚前後の注文なら安くなっています。

 

また今シーズンから宛名印刷が無料(挨拶文面の印刷費に含まれる)となっています。

 

格安ではありますが、イオンと同様に最初の早割期間を過ぎると他と比較して割高感が出てきてしまいます。

 

なので、イトーヨーカドーを使いたい場合は、早めの時期をおすすめします。

 

 

イトーヨーカドーの喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全39件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,361円 3,148円 4,537円 5,463円 6,389円
早割期間 ~11/8 40%off 1,558円 2,077円 2,994円 3,604円 4,215円

※料金は最安の「静」のもの
※税込

※11/9以降の料金は公式サイトで確認ください

※店頭受取:最短2日後

※送料:500円(税別、店頭受取りならゼロ)
※複数割引は上記よりさらに10%off(カート内に「もう1件注文する」ボタン)
※宛名印刷料金は無料(上表料金に含まれる)

 

イトーヨーカドーの印刷サービスの運営会社概要

運営会社 株式会社イトーヨーカ堂
(委託先:株式会社マイプリント)
本社所在地 東京都千代田区二番町8番地8
TEL : 0120-132-472
会社URL http://mall3.myprint.co.jp/iy/

 

 

挨拶状ドットコムは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

挨拶状ドットコムの2019年度喪中はがき印刷サービスのサイトのサムネイル

 

通年のいろんな挨拶状の印刷を専業としている挨拶状ドットコムです。

 

正直言って、挨拶状ドットコムの印刷料金は安くはありません。

 

が、一旦住所録を登録することでとても宛名書きが楽になるので、喪中はがきはもちろん「年賀状」や「暑中見舞い」、時々の「引っ越しや転勤、退職のお知らせ」などが簡単に手配することが可能となります。

 

挨拶状ドットコムについての詳しい解説は、こちらのページも参照ください。

 

2018年の宛名印刷の累計枚数は500万枚以上、宛名印刷はレイアウトが崩れがちになるので配慮がしっかりしている会社といっていいと思います。

 

挨拶状はやはり宛名書きがかなり大変だったりしますね。

 

自宅にプリンターがあっても頻繁に使わないと印字の品質が落ちたりインクの補充も馬鹿になりません。

 

挨拶状ドットコムでは、オリジナルのデザインも多く取り揃えているので、その都度楽しくデザインを選べます。

 

 

挨拶状ドットコムは料金は安くはないです。

 

が、今後、年齢が行けば行くほど面倒になる挨拶状づくりのことを考えなると、ひとつの選択肢になると思います。

 


https://mochu.aisatsujo.jp/

 

挨拶状ドットコムの喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全160件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 3,817円 6,435円 8,470円 10,505円 12,540円
早割期間 ~10/27 40%off 2,290円 3,861円 5,082円 6,303円 7,524円

※料金は最安の「モノクロ」デザインの印刷料金
※税込
※10/28以降は公式サイトを確認してください
※複数割引は+550円/件(税抜)
※送料:会員登録で無料(会員外は330円)
※翌営業日に出荷
※投函代行サービスあり
※宛名印刷はキャンペーン中で、基本料無料、199枚まで@10円、200~399枚まで@8円(税込)

※宛名の登録代行も2,200円(税込)で対応

 

挨拶状ドットコムの印刷サービスの運営会社概要

運営会社 株式会社グリーティングワークス
本社所在地 大阪市西区靱本町1-5-6
TEL : 0120-279-962
会社URL https://mochu.aisatsujo.jp/

 

 

平安堂は安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

平安堂の2019年度喪中はがき印刷サービスのサイトのサムネイル

 

平安堂は関東一円に64店舗を持つ冠婚葬祭の印刷物や印鑑販売を専門に取り扱うお店です。

 

平安堂の喪中はがきの特長は、厳か(おごそか)で重厚な、言ってみればとても喪中らしいデザインがそろっているということです。

 

また関東では店舗がたくさんあり、主にはイオンモールなど大型ショッピングモールなどに出店している場合が多いです。

 

イオンに行くついでがあれば、店頭でイオンの喪中はがき印刷サービスのデザインと平安堂のものと比較してみると良いと思います。

 

一点、注意がありますが、平安堂は店頭申込は定価ですが、ネット経由ですと40%offと大変安くなっています

 

平安堂のネット割引の安さは使わない手はないと思います。

 

ので、ネットを使える環境があればくれぐれも店頭申し込みはやらないようにしましょう。

 

平安堂の喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全116件
(寒中32件を含む)

枚数

12枚

48枚

100枚

148枚

196枚

定価(税込)→ 3,811円 5,539円 7,018円 8,214円 9,200円
早割期間 ネット
一律割引
40%off 2,286円 3,324円 4,210円 4,929円 5,519円

※料金は最安の「モノクロ(スミ喪中)」のもの
※印刷の注文は4枚単位
※税込
※薄墨仕上げは割増、300円/件追加(税抜)
※複数割引は50%off
関東64店舗の平安堂で受け取り可能(無料)
→(平安堂の店舗リスト。イオンモール等にも多く出店しています。)
※送料は一律500円、100枚までならDM便が選べて200円(税抜)

※出荷は、3営業日
※宛名印刷料金:基本料金 1,000円/件 + 1枚30円(税抜)
※「校正」を依頼できる:300円/件(税抜)
※故人の情報は複数入れが可能(2名)なデザイン有り


https://nenga.heiando.net/mochu/

(詳細:)

 

 

平安堂の印刷サービスの運営会社概要

運営会社 株式会社 宣美
本社所在地 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷4-8-1
TEL : 047-446-8185
会社URL http://nenga.heiando.net/mochu/

 

 

セブン-イレブンは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

セブンイレブンの年賀状・喪中はがきの印刷サービスの特設ページのサムネイル

 

セブンイレブンの喪中はがき印刷サービス、デザインラインナップが21件とかなり少ない状況で、喪中定番のモノクロのデザインが見当たりません

(写真入りの喪中はがきが作れます!ペット用を意識しているようですね。)

 

カラーデザインでも気にしない人は、利用を検討してみてください!

 

セブンイレブンの印刷サービスの利点をひとつ上げるとすれば、店頭のプリンターで追加印刷ができることですね。

 

セブンイレブンの喪中はがき印刷サービスの早割料金

デザイン数:全21件
(うち2件は写真入り)

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,607円 3,476円 5,082円 6,028円 7,040円
早割期間 ~11/5 40%off 1,563円 2,084円 3,048円 3,616円 4,224円
~12/3 30%off
12/4~ 20%off

※最安の「シンプルカラー」の料金
※web申し込みは常時20%off、上記はこの20%分を含む
※税込
※11/6以降の金額は注文時に改めて確認して下さい。
※複数割引はさらに10%off
※送料:店頭受取りで無料
※基本料金:1,017円/件 + 1枚27円(税込)

※追加印刷@80円/枚(税込)

(詳細:https://www.7nenga.com/order/top.aspx

(このサイトの関連情報:セブンイレブンやコンビニで喪中はがきは売っているのか?

 

 

セブンイレブンの印刷サービスの運営会社概要

運営会社 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
本社所在地 東京都千代田区二番町8番地8
TEL : 0120-711-321
会社URL https://www.7nenga.com/order/top.aspx

 

 

ローソンは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

 

ローソンの喪中はがき印刷サービスについては現在調整中のようです。

 

昨年の情報

デザイン数:全15件(うち3件はペット用)

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,980円 4,240円 5,680円 7,050円 8,331円
早割期間 ~11/6 30%off 2,086円 2,968円 3,976円 4,935円 5,832円
~12/6 25%off 2,235円 3,180円 4,260円 5,287円 6,249円
12/7~ 無し 2,980円 4,240円 5,680円 7,050円 8,331円

※料金は最安の「【オリジナル】通常喪中はがき」のもの
※税込
※12/7以降は当方で計算しているので、ローソン公式サイト内でご確認ください。 ※web申し込みは常時15%off(上表に含む)
※店頭受け取り前提なので送料はなし
※宛名印刷料金:基本料金1,080円/件+1枚30円(税込、web料金)
※複数同時申し込み割引:さらに5%off
(詳細:https://mall3.myprint.co.jp/lawson/2/mourning/

 

 

ファミリーマートは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

ファミリーマートの2019年度喪中はがき印刷サービスのサイトのサムネイル

 

※10/4時点ですが、2019-20シーズン向けの特設ページは用意されていますがデザインが表示されず利用できないようです。

ファミリーマートは店舗数も多いですが、ネット経由で喪中はがきの印刷が発注できます。

料金は決して安くはありませんが、店頭受取で送料無料で支払いも簡単ですね。

Tポイントなど使っているなら店頭支払いでポイントが付きますね。

デザイン数:全19件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→ 2,973円 4,176円 5,852円 6,996円 8,096円
早割期間 ~11/8 40%off 1,784円 2,505円 3,511円 4,197円 4,857円
~12/6 %off          
12/7~ 無し          

※料金は最安の「喪中はがき」のもの
※税込
※上記はweb申し込みの料金(店頭申込は割引率と期間が異なる)
※11/9以降の料金は端数が違っている可能性あり。改めて公式サイトで確認ください。 ※店頭受け取り前提なので送料はなし
※宛名印刷料金:基本料金1,100円/件+1枚30円(税込)
※複数同時申し込み割引:10%off(店頭は5%off)
(詳細:https://mall3.myprint.co.jp/famima/2/mourning/

 

 

「ふみいろ喪中はがき」昨年の情報

ふみいろは安い?喪中はがき印刷サービスの早割料金

 

ふみいろ喪中はがきの2019シーズンのオープンは10月からです。

 

 

ふみいろ喪中はがきは印刷の値段も安いですが、納期が早いのと、ユーザー側に発注ミスがあっても保証してもらえる、手元のはがきを買い取ってくれる(年賀はがき)、といった特長のある印刷サービスです。

 

ふみいろ喪中はがきの喪中はがき印刷サービスの早割料金

 

※昨年の数値

 

デザイン数:全 件

枚数

10枚

50枚

100枚

150枚

200枚

定価(税込)→
早割期間 ~/ %off

(詳細:https://)

 

※送料:無料

※/以降の料金は公式サイトで確認ください

※支払い方法:後払いOK

※納期:16時前の発注完了で翌営業日出荷(土日祝日はカウントしない)

※宛名印刷:無料(文面印刷に含む)。 宛名データ入力代行は基本料1,296円(定価2,160円)+1件あたり@12円(定価25円)

※寒中見舞いのデザイン:あり

※保証:印刷事故と自分の誤記等の両方のミスを保証“200%保証制度”

※はがき買い取りあり(買い取り対象は年賀はがきのみ)

 

【ふみいろ喪中はがきのデザインのバリエーション】

 

ふみいろ喪中はがきが提供する印刷のバリエーションは「薄墨文字」「デザイナーズ」「プレミアム喪中」「モノクロ」の4つが選べて、そのうち一番安いのが「モノクロ」です。

 

【ふみいろ喪中はがきの台紙のバリエーション】

 

ふみいろ喪中はがきが印刷する台紙のバリエーションは「私製」「大礼紙(私製、+10円)」「通常はがき(官製はがき@62円、切手デザインは「胡蝶蘭」もしくは「やまゆり」が選べる)」の3種類

 

 

まとめ:喪中はがきの挨拶文面の印刷料金、安さなら「ネットスクウェア」、購入のしやすさなら「おたより本舗」がおすすめ!

 

以上、このページでは郵便局やイオンなどをはじめとした喪中はがきの印刷を扱う主なサービスを一覧してみました。

 

サービス内容はそれぞれ差異がありますが、おすすめは

  • 圧倒的な安さの「ネットスクウェア
  • デザインが多く選べて宛名印刷が無料、決済手段も豊富な「おたより本舗

の2つです。

 

まずはそれぞれのサイトを訪問してみて、使いやすそうな方を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ネットスクウェア

おたより本舗

 

 

喪中はがきの印刷料金が安い2社で、実際にトータル費用を見積もってみた

 

以上、いろんな喪中はがきの印刷サービスの料金比較や内容評価をしてきました。

 

いろいろな比較の視点があると思いますが、このサイトとしては、安さなら「ネットスクウェア」、購入のしやすさなら「おたより本舗」がおすすめです。

 

以下で9月下旬時点で、両社に喪中はがきを発注したら実際にトータルいくら費用がかかるか?具体例として算出してみますね。

 

ネットスクウェアの人気デザインを発注した場合のトータル費用は安い?

 

ネットスクウェアの喪中はがきのデザインテンプレート数は124件用意されていますが、公式サイト内ではその時点での人気ランキングが表示されるようになっています。

 

ただし、まだシーズン始めなのでランクが付いていないようなので、適当にピックアップしてモノクロタイプとカラータイプのそれぞれのトータル料金を算出してみますね。

 

枚数は切りのいいところで「50枚」で算出してみますね。

 

モノクロ・デザインの郵便はがき50枚の場合の費用「ネットスクウェアは安い?」

 

ネットスクウェアの喪中はがきデザイン「M001」

デザイン番号M001

【50枚の場合の見積もり】

 

印刷料金 1,411円(64%OFF適用済)

消費税   141円

はがき代 3,150円(@63円)

ーーーーーーーーーーー

合計   4,702円

 

※税込10%

※10/3時点

※宛名印刷を発注すると上に加えて@10円✕50枚=500円

 

 

カラーデザインの郵便はがき50枚の場合の費用「ネットスクウェアはカラーも安い?」

 

デザイン番号M051


【50枚の場合の見積もり】

 

印刷料金 1,941円(64%OFF適用済)

消費税   194円

はがき代 3,150円(@63円)

ーーーーーーーーーーー

合計   5,285円

 

※税込10%

※10/3時点

※宛名印刷を発注すると上に加えて@10円✕50枚=500円

 

 

 

おたより本舗の人気デザインを発注した場合のトータル費用はこんな感じ

 

おたより本舗の喪中はがきのデザインテンプレート数は388件と他社と比較してかなり多くのデザインが用意されています。

 

公式サイト内では「好評を得ているデザイン」が紹介されていますので、そこからモノクロタイプとカラータイプのそれぞれをピックアップしてトータル料金を算出してみますね。

 

モノクロタイプの人気No.1デザインの費用「おたより本舗は安い?」

 

 

デザイン番号MM045

【50枚の場合の見積もり】

 

印刷料金 1,920円(40%OFF適用済)

消費税   192円

はがき代 3,150円(@63円)

ーーーーーーーーーーー

合計   5,262円

 

※税込10%

※10/3時点

※宛名印刷は無料(上記料金に含む)

 

 

カラータイプの人気No.1デザインの費用「おたより本舗はカラーも安い?」

 

デザイン番号MS002

【50枚の場合の見積もり】

 

印刷料金 3,300円(40%OFF適用済)

消費税   330円

はがき代 3,150円(@63円)

ーーーーーーーーーーー

合計   6,780円

 

※税込10%

※10/3時点

※宛名印刷は無料(上記料金に含む)

 

 

 

 

【簡単見積もり】喪中はがきの印刷費の相場が簡単に確認できるリンク集

 

3つだけですが、喪中はがきの印刷料金を簡単に見積もれるページを集めてみました。

 

フォームで必要枚数とデザインタイプを選んでボタンをタップするだけで、安いか?高いか?だいたいの相場感がつかめると思います。

 

自作しようか?それとも業者を使うか?ちょっと迷っている人もいると思いますので、参考までに使ってみてください。

 

 

まとめ:喪中はがきの印刷、安いのはどこ?

  • 安さを求めるなら早期割引サービスの利用は必須
  • 儀礼のことなので、自分完結の【自作】には、少々リスク有り
    印刷業者を利用することでそのリスクを回避
  • 安さを求めるなら他社比で圧倒的に安い「ネットスクウェアがおすすめ
  • 安くて、かつ支払い方法・デザインにこだわるなら「おたより本舗がおすすめ

 

このページでは、喪中はがき印刷の料金の比較や内容の概要を取り上げてみました。

 

このページで取り上げている印刷業者の他にも、ちょっと触れたセブンイレブンのネットプリントやプリントパック、アスクル、カメラのキタムラ、Kinko’s・・・ほんとうに山ほどたくさんの業者があり、探せばもっと安いところもあるかもしれません。

 

ただし、実績のある印刷専業の業者を使うメリットとして、マナーやしきたりの面で失敗する可能性を下げることができる、ということが言えると思います。

かといって上で解説したとおり高額になるわけでもありません。

 

ということで、この喪中はがき準備にはネット完結で専業の印刷サービスをおすすめしました。

 

みなさんの都合にあった印刷業者・方法が見つかれば幸いです。

 

 

10/22まで62%off

 

 

 

最安値についての考え方

 

最安値について。

個人的には枚数が少なければ、実は喪中はがきや年賀状の印刷で一番安く済むのはセブンイレブンの「ネットプリント」ではないか?と思っています。

ハガキ印刷も可能で、単価がモノクロで@20円/枚(税込)です。

ただし・・・

挨拶文は自分で作成し、データにしなければならないです。

※個人的にはセブン店頭のプリンターの調子やメンテの状態が万全とは思えないので、挨拶状でのネットプリントの利用は推奨しません。年賀状の季節にもかかってくるので先客がいる場合もありますし、備え付けの私製はがきの在庫切れも懸念されます。

 

印刷サービスは、一般的に版おこしから始まるので、料金設定は固定費分を盛り込まなければならないので、早期割引を適用しても@20円というレベルには負けてしまいます。

ただし、このページで比較している各社の中で、唯一、印刷枚数によっては@20円に対抗できるのがネットスクウェアです。

印刷単価の安い高いについて詳しくはネットスクウェアについての別ページでも取り上げています。

 

 
 
 
 
  • 投稿 更新