喪中はがきで知らせるべき対象は、どこまでの関係か?

 

2017年末向け
喪中はがき印刷、注文受付中!

 

おすすめは早割激安でも高品質なここ↓

まだまだ続く早割50%offは11/15(水)まで延長中!


>>喪中はがき印刷・早期キャンペーンはこちら<<

スマホやタブレットで簡単に申し込めます。

 

 

毎年の挨拶状づくりを、もっと楽に!
宛名印刷(住所録管理)、投函代行など、
込み込みで便利なのはここ↓


>> 挨拶状ドットコム <<

納期が早いです。

 

喪中はがきで知らせるのは、どの続柄の不幸までか?

近親者のそなたかが亡くなった場合、喪中欠礼の対象となるのはどの範囲までを対象とすべきでしょうか。

遠い親戚の人のご不幸を、対象範囲としていたら、人間誰もが年中喪中となってしまいますね。


一般的な考え方としては、自分から見て3親等までを対象とすべきと言われているようです。

3親等というのは自分からみて、例えば曾祖父、曾祖母、伯父伯母、叔父叔母などが該当します。

これは結婚している人は、配偶者のものも3親等となります。


ただし、これは一般的な考え方であり、地域や信仰する宗教によっても違いがあるかもしれません。

また、親等などに関係なく、親しくしていた間柄の場合は、喪に服したいという考え方もあるでしょう。

あくまで儀礼にこだわるのではなく、柔軟に捉えて考えてもよいのではないか、というのが個人的な考えです。


喪中はがきを連名で出す場合の続柄は?

喪中はがきを、たとえば夫婦連名で出すことは儀礼の面で問題ないと言われています。

ただし、この場合、実際に文面を書き始めてみてわかることなんですが、亡くなったのが誰にとっての親戚なのかわからなくなってしまいますよね。

たとえば、夫婦連名ではがきを出す場合には、基本的には旦那さんの立場から見ての間柄を記載するとよいと言われています。

また、もっとわかりやすくするために、故人の名前をフルネームにして記載するとよいでしょう。

言われてみればわかることですが、いざとなるとわからず、迷ってしまうことですね。

 

 

宛名印刷から投函代行まで
毎年、込み込みで、繰り返しで便利に使える。

お徳な早割は11/12(日)まで。お急ぎを!

初めてなら2017年末向け喪中はがき、2018年新春向け年賀欠礼状の印刷サービスは挨拶状ドットコムが便利です。
http://mochu.aisatsujo.jp/


挨拶状ドットコムの宛名印刷無料キャンペーンは、使わないと損!
映画のチケットが安くなったり、カフェの割引が使える会員優待サービスは、かなり使えます。