喪中はがきで知らせるべき対象は、どこまでの関係か?



喪中・年賀欠礼の場合の寒中見舞い
はがきの印刷受付中!

とにかく安いのはここ!

はがき代、宛名印刷、裏面印刷・・・あわせた総額が安い!

納期が早いのはここ↓

お昼の12時までの発注で当日発送可能!

デザインにこだわるなら、ここ↓
寒中見舞い

喪中はがきで知らせるのは、どの続柄の不幸までか?

近親者のそなたかが亡くなった場合、喪中欠礼の対象となるのはどの範囲までを対象とすべきでしょうか。

遠い親戚の人のご不幸を、対象範囲としていたら、人間誰もが年中喪中となってしまいますね。


一般的な考え方としては、自分から見て3親等までを対象とすべきと言われているようです。

3親等というのは自分からみて、例えば曾祖父、曾祖母、伯父伯母、叔父叔母などが該当します。

これは結婚している人は、配偶者のものも3親等となります。


ただし、これは一般的な考え方であり、地域や信仰する宗教によっても違いがあるかもしれません。

また、親等などに関係なく、親しくしていた間柄の場合は、喪に服したいという考え方もあるでしょう。

あくまで儀礼にこだわるのではなく、柔軟に捉えて考えてもよいのではないか、というのが個人的な考えです。


喪中はがきを連名で出す場合の続柄は?

喪中はがきを、たとえば夫婦連名で出すことは儀礼の面で問題ないと言われています。

ただし、この場合、実際に文面を書き始めてみてわかることなんですが、亡くなったのが誰にとっての親戚なのかわからなくなってしまいますよね。

たとえば、夫婦連名ではがきを出す場合には、基本的には旦那さんの立場から見ての間柄を記載するとよいと言われています。

また、もっとわかりやすくするために、故人の名前をフルネームにして記載するとよいでしょう。

言われてみればわかることですが、いざとなるとわからず、迷ってしまうことですね。
喪中・年賀欠礼の寒中見舞いのはがき印刷
急ぐならここがおすすめです!