この記事は約 2 分で読めます

喪中はがきの文面のひな形など

 

本当によい時代となりました。 喪中はがきの文面やひな形はインターネット上で、数限りなくシェアされていますね。 有料のものも探せばあるのでしょうけど、ほとんどは無料のテンプレートで事足りてしまいます。 故人の名前や続柄の記述、差出人との間柄などをしっかりと確認すれば ほとんでコピペで作業が済んでしまいますね。 あとは宛名書きと発送作業だけです。 日本人の一般的な気持ちとしては、こころを込めて、といった思いもあり、わざわざ自分で文面を起こしたい、という気持ちもあるかと思いますが ここは時間短縮して、故人を偲びつつも、生きている自分たちはしっかりと人生を謳歌するとよいでしょう。

喪中専門の印刷・発送代行サービス

喪中はがきの文面やひな形を探すという作業もかなり簡単ですが、差し出す枚数が多い場合には、今度は印刷作業に時間がかかってしまいますよね。 切手の貼り付けに時間がかかるという問題もあるかと思います。 ちょっと仕事がからむ場合など、かなりの枚数になる場合があります。 そんな場合には、喪中はがき専門の印刷および発送代行のサービス該社もあるので、こういった会社を賢く使ってみましょう。 基本的にインターネットが使えるサービスも増えています。 ただひとつ懸念されるのは、差し出し先の住所がデータとして整理されているか否か、ということですね。 まずは早めにはがき作成ソフトやエクセルなどの表計算ソフトを使って、名簿整理を優先することをオススメします。

 

  • 投稿