喪中はがきを出すのに望ましいタイミングとは?

そろそろ年賀状の準備が進んでいるタイミング。

寒中見舞いを使って、喪中の年賀欠礼を知らせる
方法もあります。

 

寒中見舞の喪中文例が充実
▼   ▼   ▼

どちらも寒中見舞いのデザイン上で、喪中用文例が選択できて便利です。

 

挨拶状ドットコム

 

 

平安堂

 

 

web割引:30%off
1/31まで宛名印刷は無料

 

http://kanchu.aisatsujo.jp/

 

宛名印刷の無料サービスを有効活用しましょう。年賀状をいただいた後で、最新の住所を確認しながら寒中見舞いとして返信しましょう。

 

 

厳かなデザイン充実
web割引:40%off

 

http://nenga.heiando.net/mochu/

 

老舗ならではの落ち着いた、おごそかなデザインと紙質の選択肢が豊富です。喪中の年賀欠礼をお知らせするなら、ここがおすすめです。

 

 

喪中はがきは、いつ出すべきか?

喪中欠礼の一環としての喪中はがきは、別名「典礼はがき」、「年賀欠礼状」などもと呼ばれます。

この別名を読めばお分かりになると思いますが、世の中の人が年賀状の準備を始める頃には届いておくようにしたいものです。

郵便局が年賀状の販売を始めるのが11月1日、また年賀状として引受を始めるのが12月15日となっています。

したがって、遅くとも12月上旬には届くように手配するとよいでしょう。

ただし、差し出し先が年配の方の場合は、かなり準備が早い可能性もありますね。

こういった場合も想定すれば、11月中に届いているのがベストな対応と言えるでしょう。


喪中はがきの印刷・発送サービス

12月といえば、仕事を持つ人であれば、一年でもっとも忙しい時期のひとつかもしれませんね。

喪中はがきなど、丁寧に一つ一つ扱いところですが、物理的に難しいこともありますよね。

そんな方のために、昨今では喪中はがき専門の印刷・発送会社もありますので、そういったサービスを活用することも選択肢のひとつに加えたいものですね。

特にインターネットで発注から文面やレイアウトの校正まで済んでしまいますので、かなり時間の節約になることでしょう。

コストがかかるかもしれませんが、昨今、印刷業界も競争が激しいため、意外に安い、ということになるかもしれません。

 

 

宛名印刷から投函代行まで
毎年、込み込みで、繰り返しで便利に使える。

お急ぎなら、納期が早い!

初めてなら2017年末向け喪中はがき、2018年新春向け年賀欠礼状の印刷サービスは挨拶状ドットコムが便利です。
http://mochu.aisatsujo.jp/


挨拶状ドットコムの宛名印刷無料キャンペーンは、使わないと損!
映画のチケットが安くなったり、カフェの割引が使える会員優待サービスは、かなり使えます。