喪中はがき いつ出す

 

2017年末向け
喪中はがき印刷、注文受付中!

 

おすすめは早割激安でも高品質なここ↓

まだまだ続く早割50%offは11/15(水)まで延長中!


>>喪中はがき印刷・早期キャンペーンはこちら<<

スマホやタブレットで簡単に申し込めます。

 

 

毎年の挨拶状づくりを、もっと楽に!
宛名印刷(住所録管理)、投函代行など、
込み込みで便利なのはここ↓


>> 挨拶状ドットコム <<

納期が早いです。

 

喪中はがきは、いつ出すべきか?

喪中はがきを出すタイミング。

望ましい時期はあるんでしょうか?

まずは差し出し先の都合をしっかりと考えてみるとよいでしょう。

喪中はがきは、いつ出すべきか? 関連記事

喪中はがきは、いつ頃までに出すべきか?

喪中欠礼の一環としての喪中はがきは、別名「典礼はがき」、「年賀欠礼状」などもと呼ばれます。この別名を読めばお分かりになると思いますが、世の中の人が年賀状の準備を始める頃には届いておくようにしたいものです。郵便局が年賀状の販売を始めるのが11月1日、また年賀状として引受を始めるのが12月15日となって...

≫続きを読む

 

 

宛名印刷から投函代行まで
毎年、込み込みで、繰り返しで便利に使える。

お徳な早割は11/12(日)まで。お急ぎを!

初めてなら2017年末向け喪中はがき、2018年新春向け年賀欠礼状の印刷サービスは挨拶状ドットコムが便利です。
http://mochu.aisatsujo.jp/


挨拶状ドットコムの宛名印刷無料キャンペーンは、使わないと損!
映画のチケットが安くなったり、カフェの割引が使える会員優待サービスは、かなり使えます。