挨拶状ドットコム 喪中はがき

 

 

2017年末向けの喪中はがきについて

2017年末向けの喪中はがき印刷の受付は、例年通りなら早いところで8月初旬からとなる見込みです。
当サイトではお徳な印刷費の早期割引情報について紹介していきます。

まだ情報が整うまで時間があり、気がついたときには早割期間が終わっていた!ということのないように当サイトをブックマークして定期的に確認いただくことをおすすめします。

またメルマガで早期割引情報をアラートします
時期を逃しそうで不安な方は下記のフォームよりメールアドレスをお送りください。

時期が来ましたらメルマガを使ってみなさんに情報をアラートしていきます。



※メルマガのシステムは、レンタルサーバー大手のエックスサーバーのシステムを使っているのでセキュリティ面の安全性は高いと思いますが、当メルマガは早割情報を流すだけの一時的なものですので、万が一の時に支障が無いように、登録にはどうぞyahooやgmailなどのフリーメールの“捨てアドレス”をお使いください。

※「mochu-hayawari@@ @chotto.xsrv.jp」というアドレスからメールを配します(@はひとつです)。特にスマホやガラケーのキャリアアドレス(docomoなど)をお使いの方はメール受信できるようにホワイト設定ください。また何かの拍子に迷惑メールに入ってしまうことは当たり前にある時代ですので登録確認のメールが届かない場合は、どうぞ迷惑メールフォルダーの確認もお願いします。

 

 

 

挨拶状ドットコムの喪中はがき印刷サービス

挨拶状ドットコムの喪中はがきの印刷サービス。

特長を整理してみました。


まず4つの特長が上げられます。
いずれも利用価値のあるサービスですよ!

納期が早い

挨拶状ドットコムのはがき印刷の納期は喪中はがきでも年賀状でも翌営業日の出荷です。
だから週末の土曜日に書こうというのなら木曜日までに発注すればいいんです。
コンビニなどの納期は店頭受取りで+5日とか+3日とかかかるのが一般的です。

喪中はがきのひとつの問題は、気が付くと結構年も押し迫ってきていたりするんですね。
どうやって手配しよう?コンビニで売っているの?年賀はがきのように郵便局に予約する?とか、ちょっとパニック気味になりがちです。なぜなら友人や知人が年賀状を作る前に準備する必要があるんですね。早くから年賀状の販売が始まる以上、うかうかはしていられません。
その点、年賀状は遅くなっても年明けに出すことも儀礼やマナー的に問題が有るわけでもないですよね。
ですから、喪中はがき手配しなきゃ!という時にインターネットでの申込で簡単に発注できるのであれば本当に助かりますね。


宛名印刷が無料サービス中

宛名印刷代行のサービスをやっているところも多いですが、無料で対応してくれるところは他には無いかもしれません(年末までの期間限定)。故人がおつき合いの広い人であったのなら手書きをしているとほんとうに大変です。(というか、遺品整理など他にやらなければならないことがたくさんあるでしょう・・・)
※宛名印刷をオーダーした場合は追加で納期は遅くなります。


投函・発送代行も無料対応

人それぞれいろんな事情があって、現在海外赴任中であるとか出張中であるとか、いう状況下にある人もいますよね。印刷サービスで印刷されたハガキを自宅で受け取って、というステップが踏めない人もいると思います。挨拶状ドットコムの投函・発送代行は無料なのでぜひ使いこなしてほしいポイントです。


寒中見舞いも対応

他のはがき印刷サービスは年賀状や喪中ハガキのみの対応にとどまる会社が多いのですが挨拶状ドットコムは寒中見舞い、余寒見舞いにも対応していてデザインも充実しています。


ということで、ユーザーメリット充実の親切な挨拶状ドットコム

他にも二人故人の場合の文面やデザインが選べたり、送料が無料になったり(会員登録が必要)、喪中なので当然お年玉クジは無しなんですが、挨拶状ドットコムでは独自に50人に1人に3,000円が当たるクジも行っています。



迷ったら挨拶状ドットコムをおすすめします。
挨拶状ドットコムの喪中はがき




喪中・年賀欠礼の寒中見舞いのはがき印刷
急ぐならここがおすすめです!