喪中はがき



【速報!】

早くも2017年の年賀欠礼の喪中はがきの印刷オーダー受付が始まりました!
9/7(水)まで期間限定SALE 60%OFF!




喪中欠礼について

日本では、今年一年間の間に近親者が亡くなった場合、つまり“喪に服している”場合は、喪中欠礼といって、年賀の挨拶を遠慮するという習わしがあります。

従って、年始まわりなども行わず、年賀状も出さずにおくことになります。


ただし、毎年年賀状を送ってくださる人が、そのご不幸について知らなくて年賀状を発送してしまう場合も多々あるかと思います。

この人が後日、ご不幸を知った際には気まずく、かえって失礼にあたってしまうこともあります。


従って、一般的に世の中の人が年賀状の準備を行う時期(12月)に先駆けて、近親者が亡くなった旨のお知らせと合わせて、年賀の挨拶を遠慮する旨(年賀状も送らない)を知らせるのが社会的な常識の意味においても必要な行動と言えます。

このことを喪中欠礼といいます。

喪中はがきを送る意義

喪中欠礼についてしっかりと周知を行うことは、礼儀として、また社会的な習慣として必要なことと言えますが、それ以外にも重要な役割があります。

管理人も経験があるのですが、喪中のタイミングとどちらかの引っ越しのタイミングが重なったりすると、次の年に年賀状が届かなかったりする場合が出てきてしまい、遠方の友人などでは互いに音信不通になってしまうという問題も出てきてしまいます。

従って、喪中はがきを出さなければならない年ほど、タイミングなどについて丁寧に留意し、しっかりと記憶に残るようにお知らせすることが肝要かと思います。

喪中の人に年賀状を送るのは失礼にあたるか?

意外に思いますが、本来のマナーとしては、喪中の人の家に年賀状を送るのは失礼ではないそうです。

喪中欠礼の本質的な意義としては、「喪中につき新しい年が始まったことへの挨拶ができなくて、申し訳ない」ということだそうです。

ただし、送るほうの気持ちとしては、やはりご不幸があった知人やご家庭に“おめでたい”的な挨拶をすることは、やはり気が引けますよね。

そんなこともあり、喪中の家には、年が改まって松の内(元日から7日、また15日)が明けてから、寒中見舞いとしてハガキなどを送るスタイルが確立しつつあります。

またこれは管理人の勝手な我流ですが、喪中はがきをいただいた親しい人には、年賀ハガキは使わず、普通の官製はがきを使って元日に届くように近況報告など行うようにしています。

礼儀も大切ですが、年賀状ぐらいしか交流できないような友人に対しては、年賀状の交換は大切な近況報告の機会ですからね。
2017年年賀欠礼の喪中はがき、受付開始!
どうせ出すのなら、割引率の高い今がおすすめ!


Web割引60%off!